ネット銀行のデメリット

今や誰でもPCや携帯を持っている時代なので、
ほとんどの人が身近にネット環境があるものだと思います。
ネットは非常に便利なもので、例えばオンラインショップで言えば
日本国内のみならず世界中の国の物をわざわざ現地に行かなくても
買うことができます。
(例えばhttp://xn--cckyb9em8gs328dgbf.jpn.com/e3.htmlのようなサイトがありますね)
そんな便利な世の中で登場したのがネット銀行なるものですが、
便利なだけでは無いんですよね。
やはり何物にもデメリットが存在します。
今回はネットバンクの恐ろしいデメリットについてお話します。

●フィッシング詐欺の対象になりやすい
フィッシング詐欺とはネット(メール含む)を利用して、
「パスワードの有効期限が切れています。新しく設定してください。」などの
メッセージを送ってきて、ID,PW,その他登録情報を聞き出し悪用することを言います。
今回の話で言うと、実在するネットバンク会社を装った詐欺師が
ネットバンク利用者に対し上記のようなメッセージを送りつけ
登録情報を全て聞き出してネットバンク口座の中身を丸ごと盗む、
というようなことがあり得ます。
ネット環境は世界中の人と共有しています。
その分誰かも分からない人からメッセージがきてもおかしくありません。
フィッシング詐欺被害に遭わないように、ネットを利用した登録情報の管理は
徹底しましょう。

●ネット環境が無くなれば終了
ネット環境そのものが消え失せることはないでしょう。(笑)
ここで言っているのは、PCや携帯の故障、紛失などが原因で
ネットに接続できなくなる場合のことを指します。
あるいは、IDやPWの紛失などもヤバイです。
(もちろんきちんとした手順を踏めば再発行できますが。)
これはネットにしか口座が無いネット限定のネットバンクの場合だけです。
店舗を持つ銀行であれば近場の支店などに行けばいいだけですね。

ネットの普及で便利な世の中になりましたが、ネットバンクに
口座を持つ人は注意が必要です。
お金の管理は大事なので怠らないようにしましょう。

この記事について

このページは、adminが2014年8月29日 14:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「おすすめネットバンク」です。

次の記事は「IPOはネット証券がおすすめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ